山口ライフプラス総合情報カテゴリー 山口県の生活をより美しく生きる為に 自分らしく生きるために学ぶ 山口県ライフプラス的Slow Lif のすすめ 山口生活プラス リンク情報 山口県ライフプラスとは? 山口ライフプラス トップページへ
ヒュツテ桂谷 ランプの宿
里山再生 やさしい風にさそわれて・・きっとあなたのふるさとに出会える・・・
山口ライフプラス トップページへ
人生って、学ぶこととよく言われます、いろんなことに興味をもちより幅広い視点にたった生き方が可能になると思います。よりすてきに生きるための情報を発信します。
山口県で里山生活にこだわり、生きている人たちを紹介します・・・・ビバ カントリーライフ
ヒュツテ桂谷ランプの宿カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
<< Apr 2017 >>
月間ヒュツテ桂谷ランプの宿記事
ヒュツテ桂谷ランプの宿カテゴリー
ヒュツテ桂谷ランプの宿新規記事
ヒュツテ桂谷ランプの宿記事検索
ヒュツテ桂谷ランプの宿リンク
  • ふるさと紀行
ふるさと紀行について、お知らせ
 ふるさと紀行の発行は、平成26年冬の号<140号>を持って休刊しました。

 年に2回新たにふるさと通信<きずな>を発行・年間購読料・2000円です。

 希望者はご連絡ください。

| 活動内容 | 11:22 PM | comments (x) | trackback (x) |
ランプの宿 活動内容
  <活動内容>

 次のことばは、私たちの活動スローガンです。
  
〜昭和30年代、まだ日本には、夢と元気がいっぱいに溢れていた頃、物にはあまり恵まれなくても、豊かな自然と人間の営み、共生がありました。その頃の美しい里山を再生し、自然と人間の再生と共生、絆の復活を目指します〜



*平成7年7月に、山口市小郡上郷桂谷の山口県鴻城高等学校理事長・小田穣
 亮先生の山林を訪ねて、佐伯清美、畑山静枝の3人が始めて一緒に入る。
*平成9年5月に、任意のボランティア団体、「里山体験宿泊施設・ヒュッテ桂谷ランプの宿」として創立する。
*会員は、主にふるさと紀行愛読者を中心とし、会費制はとらず、イベントの都度、参加費で運営、現在(H24年)約30名。
*佐伯清美を団体の代表(元ふるさと紀行発行人・ランプの宿管理人)とし、畑山静枝がランプの宿のマネージャー(ふるさと紀行元編集長)として、会計外運営全般に携わる。



 <平成8年のまだ何もない頃。ここから、ログハウス作りが始まる>


*活動内容としては

(1)里山再生活動・・ 里地、森林、棚田、登山道などの環境整備、活用
(2)里山昔の暮らし・遊び体験活動・・薪割り、カマド炊飯、五右衛門風呂
   童の森遊び、竹馬、お手玉など
(3)里山文化活動・・布ぞうり作り、俳句、古典、絵手紙など各種講座
(4)里山子育て支援活動・・母親クラブ、幼・保育園、小学校との連携によ
   る、子どもの健全育成支援
(5)里山健康生きがい支援活動・・主に中高年を対象に、登山など各種講座
(6)里山結婚応援団活動・・未婚の男女に出会いの場作りなど
(7)里山ボランティア交流活動・・・大学生のボランティア自主活動の受け
   入れ、各団体とのボランティア作業交流など
(8)里山国際交流活動・・大学と海外研修生、留学生の受け入れなど

 
 

  
<禅定寺山登山道の整備・豪雨で流された橋を架け直す>


  

  
<布ぞうり作り教室・中央が講師の河内チヨ子先生>


 *ふるさと紀行の編集・発行について

 昭和55年の春に、当時東京在住だった佐伯清美が、本業の印刷出版業の傍ら創刊、以来30数年に亘り発行継続している、全国季刊ふるさとエッセイ誌で、ログハウス一階に編集室を構えて、畑山静枝が編集長を務めていた。
 
 *お知らせ

 ふるさと紀行の発行は、平成26年冬の号<140号>を持って休刊。

 年に2回新たにふるさと通信<きずな>を発行・年間購読料・2000円。

 希望者はご連絡ください。






 *佐伯清美の活動について

  ・ランプの宿、代表、管理人。元ふるさと紀行の発行人、ふるさと通信<きずな>発行人。
   執筆者の添削指導をしている。
  ・県の環境推進協議会委員を務め、里山の環境問題について講話、実践活動。環境パートナー。
  ・毎週水曜日の7時30分より、KRYラジオのトーク番組{里山からの便り}に出演、
   7年目の長寿番組として好評、放送中。
  ・各種執筆、講演活動。
  ・日本の各地だけに及ばず、中国、ネパールと、国際的に桜の友好植樹運動を展開、
   中国に13回、ネパールに1回、学校支援を兼ねて訪問している。
  ・著書に、詩集「晴れる日のために」、評論「島木健作とその転向」、児童劇
   「水車小屋物語」、共著「日中友好さくら紀行」、エッセイ集「僕、80歳、ふるさと紀行30歳」など。
  ・東京よりふるさと山口に帰郷したことから、県の「やまぐちUJIターン」のサイトに、
   モデルケースとして掲載中。
  ・平成20年、県より、「やまぐち生涯現役社会づくり章」、平成22年、国(内閣府)より、
   「エイジレス・社会参加章」を団体として受賞。
  ・趣味と実益の土木技術を活かし、里山の環境整備に余念のない日々を送っている。
  ・やまぐち自然共生ネットワークより、里山環境活動に貢献したとして、会長表彰。
  ・健康生きがいづくりアドバイザー資格取得。
  ・「ブランコおじさん」のニックネームで子どもたちから慕われ、高齢者の健
   康生きがい・生涯現役人生の模範としても注目されている。


 *畑山静枝の活動について

  ・ランプの宿のマネージャー、ふるさと紀行の元編集長、ふるさと通信<きずな>編集人。
  ・きらめき財団より、きらめき賞<理事長表彰>受賞 
  ・山口県の、子ども未来課や社会教育課の公募委員を務め、里山の子育て支
   援に役立てている。
  ・山口市の、協働のまちづくり推進委員や、小郡地域まちづくり委員を務め
   里山と町とを連携させた、町づくりを推進している。
  ・里山母親クラブ・どんぐりの会の代表として、子育て支援をしている。
  ・健康生きがいづくりアドバイザーの資格や、太極拳の正講師の資格を活か
   して、里山健康生きがい講座を企画開催。
  ・中国に4回、団長として桜の植樹に行き、ネパールにも1回、学校支援や
   桜の植樹に行っている。これからも、続けるのが目標。
  ・趣味の太鼓や腹話術を活かし、里山で生き生き交流しながら、老人施設、
   子育てグループに出前交流もしている。
  ・詩ぐる〜ぷ「たけとんぼ」の事務局、山口県健康生きがいづくり連合会の
   事務局を担当。
  ・リューマチの薬害で九死に一生を得たあと、万田酵素で元気回復したこと
   から、普及活動に務める。



| 活動内容 | 10:17 PM | comments (x) | trackback (x) |
みんなよっといで!布ぞうりまつりだよ!
イベント名: みんなよっといで!布ぞうりまつりだよ! (終了しました)
開 催 日: 平成20年5月25日(日) 10:00〜15:00
参 加 費: 無料
対 象 者: 一般(特に年齢制限はありません)
定   員: 制限無し
内   容: 布ぞうりの講師・河内チヨ子先生が2008足目を作られた事を記念してのイベントです








      ・布ぞうり作り体験
      ・布ぞうりの即売
      ・お茶会 野点(のだて)茶会  希望者 500円
      ・クイズに挑戦(景品有)
      ・俳句の投句(景品有)

                        以上
問い合わせ先: ヒュッテ桂谷 ランプの宿
        083-972-8848    畑山まで

| 活動内容 | 09:51 PM | comments (x) | trackback (x) |
 

山口県の生活をより楽しむ・・・趣味のページです。カテゴリーはご要望により追加してまいります。
カテゴリーの管理人も募集します。各カテゴリーの方針・考えをLife+で表現していただきます。
詳細はこちらまで


 About Usお問合せプライバシーについて免責事項著作権とリンク|

HOME