山口ライフプラス総合情報カテゴリー 山口県の生活をより美しく生きる為に 自分らしく生きるために学ぶ 山口県ライフプラス的Slow Lif のすすめ 山口生活プラス リンク情報 山口県ライフプラスとは? 山口ライフプラス トップページへ
山口ライフプラス トップページへ
自分らしく生きるために学ぶ
学ぶ ife+ より人生を豊かにする 学ぶこと・・・をテーマのカテゴリーです。

 より人生を豊かにすごす為に、多くのことを吸収して、人生のキャパシティーを広げることの情報を発信していきます。

パソコンライフ を より 楽しむための情報を発信します。

 パソコンは、ちょっと苦手というあなた、もっと使いこなせたらなと思っているあなた、より専門的によりわかりやすくをテーマに 
fe+が発信します。

 
テクニック紹介
 
デジタルカメラは、ITライフでは必需品です。
 だけどデジカメ特有の問題点も多く含んでいます、シャッタースピードの問題や画像加工の問題、アップ(インターネット(ホームページ)に)する場合の容量の問題などです。
 皆さんの不安や問題点をこのページで解決していきたいと思います。

基本1:使用用途による、画素について。
プリントの場
印刷で使用する場合、デジカメの画素数ってどのくらい必要なのって聞かれますが、だいたいのデジカメの説明書には
以下のようになります。今販売されているデジカメは、200万画素以下のものはないと思いますが、200万画素は携帯電話での画素並です。

名称 サイズmm 必要画素数
E 82×117 100万以上
L 89×127 100万以上
DSC 89×119 100万以上
KG 102×152 100万以上
DSCW1 27×169 200万以上
6P 203×254 300万以上
6PW 203×305 300万以上
4P 254×308 500万以上

 画素(画像を構成している、粒の数です。デジタルの場合、点で絵を書くと思えばこの画素の意味が把握できると思います。)少ないと細かい画像部分がギザギザした感じになります。

 お使いになっているカメラの取り扱い取説をめんどくさいですが、ちょっと見てみましょう。
私の使っているカメラの取説では、以下のように書いてありました。

デジカメには、上記の表のように何段階かに切り替えができるようになっています。
記憶するメディアの制限もありますし、用途の制限もあります。

デジタル加工:写真を切り抜き、文字や他の画像を複合加工する場合、画素が多きいい方が有益です!

サイズの数字を掛け算をすると 画素数が計算できます。
約500万画素=2592×1944

しかし、レンズの大きさも問題になってきます。画素だけでは写真の見栄えが言い切れまさせん。
画像の明るさが、プロの写真には重要なキーワードとなってきます。
また、CCDの性能も年を追うごとに発達しています。

この続きは、また後で述べます。

Mode&BeautyLifestyleCareer&MoneyNews&ViewsCafeFactory


山口県の生活をより楽しむ・・・趣味のページです。カテゴリーはご要望により追加してまいります。


 About Usお問合せプライバシーについて免責事項著作権とリンク|

HOME