山口ライフプラス総合情報カテゴリー 山口県の生活をより美しく生きる為に 自分らしく生きるために学ぶ 山口県ライフプラス的Slow Lif のすすめ 山口生活プラス リンク情報 山口県ライフプラスとは? 山口ライフプラス トップページへ
こだわりLife
 何でもこだわることは、その人の生き方にも通じます。 さあはじめよう こだわり Life
こだわり LIFE記事カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<< May 2017 >>
月別こだわり LIFE記事
こだわりサブカテゴリー
Slow FOODテーマのカテゴリーです。
 山口県の食文化を考えます。
伝統食・伝統食材の継承をこのサイトで再認識できることまた、再発見していただきたいと考えます。
食と農業を考えます。 
  ife+的に、現代の食と農業を考えます。安心・安全・新鮮な食とはなにか、なぜ今このことが言われ始めているのか、多面の視野からこのことを取らえていくことを目的にします。
山口県で里山生活にこだわり、生きている人たちを紹介します・・・・ビバ カントリーライフ
何でもこだわることは、その人の生き方にも通じます。 さあはじめよう こだわり Life
こだわりカテゴリーリンク
こだわりLIFE記事検索

能面作り 私のこだわり 趣味 野村直治

能面作りを趣味にする
山口県吉敷郡小郡町大字下郷新丁にお住まいの野村直治さん(74歳)です。



丸太から、木を削り、能面を作られています、単に能面といっても、その基本形は約60種に及び、感情を顔の表情で表現し、種類は約250種類に及ぶそうです。

 能面には厳しさや美しさを厳格な表現で、「悲哀と微笑」など相反する表情を同時に持つなど、日本人の繊細な精神的文化をより深く現在に伝えて、能面の美的感覚に見る私達の心に何とも言えない奥深い物を感じさせてくれます。


作品名:増女

 本当に奥深さを感じますし、伝統の重み、陰影及び感情表現しばらしさは、現代人の忘れ去った部分の必要性を考えさせてくれました。

 原木をのこぎり、なた、ツキノミなどで荒彫りします、その後、いろんな彫刻刀で中彫りします、仕上げ彫りへと進めてゆくそうです。



 このような工程を丁寧にひとつひとつに行ってゆくことによって、しだいに木から能面の形が現れてくる。桐や桧の香りがひろがり、能面の表情が一刀進めるごとに変化してきて、無限に変化してくることが、能面の面白さだそうです。
 一つの作品を作り彩色まで行うのに約一ヶ月位かかるそうです。


作品名:狂言面 賢徳(毛利家所蔵 写し)


作品名:増女

作品名:猿

作品名:童子

※ちょっとメモ
 能は、日本の伝統芸能です。
 能は、その前の芸能でとして「猿楽」や「田楽能」から発達しました。
室町時代に観阿弥(1333年〜1384年)、世阿弥(1363年〜1443年)、親子によって大成されました。日本の伝統芸能のひとつです。
 観阿弥、世阿弥は、平家物語、源氏物語などを題材に、多くの作品を作りました。

 能は、歌の部分 謡(うたい)と、演技の型(かた)からなる仮面劇です。
 その能で使う仮面のことを能面(のうめん)と呼んでいます。 観阿弥・世阿弥父子がたくさんの作品を残しました。


| 私の趣味 | 04:37 PM | comments (x) | trackback (x) |
BACK NUMBER

About Usお問合せプライバシーについて免責事項著作権とリンク |

HOME