山口県ライフプラス総合情報カテゴリー 山口県の生活をより美しく生きる為に 自分らしく生きるために学ぶ 山口県ライフプラス的Slow Lif のすすめ 山口生活プラス リンク情報 山口県ライフプラスとは? 山口県ライフプラス トップページへ

山口県の生活をより楽しむ為の総合情報カテゴリーです。 あなたの探求心をより満足させてくれる情報を発信していきます。


Life+ 推薦の昼食
今日のLife+なLunh Timeは・・・・
山口県生活研究所記事カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
<< Feb 2017 >>
山口県生活研究所記事
生活総合カテゴリー
山口県グルメライフLife+が、認するぐるめ山口県RED BOOKです。
大人時間をより豊かに! ファーストフードはつまんない・・・本当の食を提供してくれるセレブなレストランや、心を癒してくれるレストラン・生活をより豊かにしてくれるレストランを独断で掲載していきます
山口県Life+的・・レシピー家庭でできる本格的・簡単レシピ-の紹介です。
あなたの基本的な健康・美容をトータルで提案でするレシピ-集です。簡単だけど本格的なレシピ-でLife+
山口県のSOHO・中小企業の情報です。
水を生活に取り入れ、健康Life+の情報。
Life+が提案する・・・家族で楽しめるおでかけ情報です。
楽しみ方を歴史的側面・風景・「くらし」などあらゆる視点で見直したトータルな観光・おでかけ情報です。
だわりのガーデニングLifeを紹介します。
あなたのガーデニングライフをより豊かに、癒してくれる、人に憩いをわけてあげる。
あなたの生活を癒してくれるあなたのペット健康に関する情報とペット紹介のページです・・・お友達+Link
広域合併で無くなるモノ!マンホール特集、上を向いて歩いたのでは気が付かない、時には下を向くことも必要かも。
山口県山岳物語 山口県の山登り起稿 ちょっと、みんなで山登り・・・こんな情報を起稿してまいります。 山からの風景は、ちょこまかした生活を天空から見下ろすようで、自分を見つめ直すことにもなるかもしれません! みんなでハイク&ハイク
山口県 自転車で風を切る 山口県を縦断、自転車でぶらーり一人旅、自転車の視線で、県内あちらこちらを、旅していきます。エコでSlowな山口県の旅を提案してまいります。
旧山陽道を行く 旧山陽道の情報を発信していきます、国道2号線を車で走る時ちょっとしたプラス情報にもなると思います.
山口県生活研究所記事検索
Life総合カテゴリーリンク
 
街並み保存と地域活性化


このほど、萩市の第十回 浜崎伝建おたから博物館に行ってきました。
当日配布されていたパンフレット(浜崎伝建おたから まっぷ)
に記載されていた、内容です。

---------------------------------------------------------------------------


いらっしゃいませ。
毛利輝元が広島から萩に入り、築城後、城下町を造り始めますが、その時最初に
できた町が浜崎です。 慶長・元和(1615〜1642)期に描かれた城下図に、
萩城の他には現在の浜崎の地に、『浜崎』『士屋敷』『町屋』が記されているだけでした。
そして、寛永14年(1637)の島原の乱の出陣時には浜崎の船持衆が藩の御用船を調達しており、その時既に浜崎は北国門屋などの商売で栄えていたことが伺えます。
 このように浜崎は、江戸時代から藩の経済の中心地として栄え、大正14年(1925)に
鉄道が萩駅まで開通した後も、昭和初期までは、商業、漁業、水産加工業で大いに繁栄しました。
今でも、当時の面影を残す、太い人見梁の切妻平入厨子二階建ての町家がたくさん建っており、またお金持ちが集めたお宝もたくさん残っています。今日は、浜崎の歴史的町並みとお宝と美味しい食べ物と面白い催しを楽しんでいってください。



私はこのおたから博物館に始めてきました。まるで、タイムスリップしたようで、とても楽しむことができました。
街並みの『レトロ』な感じが心を落ち着かせてくれ、各家での会話、
年配の方が昔話しこの家であったことを、目を輝かせ語ってくれ、本当に感激しました。
自分の『時の流れ』もスローに感じさせてくれます。
また、街角にあった民家を利用してのイタリア料理店もいい感じでした。



このような町では、ナショナルブランドは不要に感じますし、興味もない存在です。
街並みの良さは(近代的であることは)は個人において興味をそそるものであるかもしれませんが
ただ、トレンドの流れの速さとともに衰退していくように感じます。

レトロな街並みを維持することは、並たいていのことではありません。
新しい物で造り直すことは合理的で安上がりです。
古い家に住むことも居住されている夫婦に聞いてみても大変なことだとおっしゃっています。
しかし今の街並みを維持することが、居住されている夫婦にとっても『思い出』の大切さ
歴史・風土や祖先の思い出とともに維持しているという、誇りの言葉に代わっていきます。



地域活性化と街並み保存の考え方についての思い

このようなイベントで感じることは、観光客は非日常(自分が住んでいる世界との対比)をもとめこのような
レトロな街並みに足を運ぶのだと感じます。(観光地はすべてそうです。その人の住む世界とのギャップが魅力となるのです)

イベントは、町おこしの一手段であり、継続的な『町おこし』を行うにはこのイベントを日常化すること(継続的に雰囲気及び・レトロを維持すること)が
重要だと感じます。そのことは日常的に『収益性』があり経済として成立することです。

それには、街全体での『レトロ イメージ』のデザインも必要になりこの街にしかない手作り品を各店舗で
つくることも需要となってきます。

街に住む人にとっては、この風景や空気は『日常的』であるかもしれません、このよさが見えなくなっている現状を
あちらこちらで、見てきています。せっかくの雰囲気を台無しにする建物を平気で作っていますしその良さにも気づいていないのです。
何でもそうですが、自分の世界にのめり込むと『自分と世の中のギャップ』が見えなくなるのです。



街並み保存と、経済的な効果をその商店街にいかにもたらすか、街並み全体でのコンセプト創りとが重要であり
その経済効果が、継承者(若者)の定着及び増加につながると感じます。

--------------------------------------------------------------------------------
追記


1文銭が、16枚並んでいます。昔しは足の大きさの尺度として一文銭を並べてその
尺度にしていたそうです。 なるほど、ジャイアント馬場の大きさはこれなのか
でかい。

--------------------------------------------------------------------------------

| Life+情報 | 10:44 AM | comments (x) | trackback (x) |
山口県生活研究所 BACK NUMBER

山口県の生活をより楽しむ・・・生活全般のページです。カテゴリーはご要望により追加してまいります。

上記 カテゴリーの管理人も募集します。各カテゴリーの方針・考えをLife+で表現していただきます。

詳細はこちらまで

About Usお問合せプライバシーについて免責事項著作権とリンク|

山口県ライフプラス HOME