似顔絵画家俵屋猛(たわらやたけし) 似顔絵教室 似顔絵画家俵屋猛(たわらやたけし) ぎゃらりー お問い合わせ トップページへ
ABOUT THE AUTHOR

たわらや たけし

みのもんた
にがおえ教室 1


にがおえ教室 2

にがおえ教室 3

優香
にがおえ教室 1

にがおえ教室 2

にがおえ教室 3

髭男爵
にがおえ教室 1

にがおえ教室 2

にがおえ教室 3


ぎゃらりー


お問い合わせ

とっぷぺーじ

公式サイト

BBS(掲示板)


似 顔 絵 教 室(みのもんた編)



似顔絵画家 俵屋猛 たわらやたけし(Takeshi Tawaraya)

みのもんたさん STEP 1

みのもんたさん STEP 1-1 <鉛筆で下描き>


 まずは、人物を良く見ます。
そして画用紙のバランスを考えて、顔の部分の○を描きます。


 みのもんたさんの特徴の、あごの部分を書き込みます。


 鼻の位置を考えながら、○を描きます。


 みのもんたさんの目は、割と中心よりなので、バランスよく、目の○を入れます。
ここまでは、ある程度、バランスを考えて、適当に描きます。


 みのもんたさんは、目が少しはれぼったい感じなので、半眼に描きました。


 目の玉を入れます。
ぐるぐると、黒く入れず、白目を作って描くようにします。。


 口を描きます。
口が少しいがんでいるように線を入れて描きます。


 顔の輪郭の修正をします。
みのもんたさんは、髪型がリーゼントなので、おでこを四角く作り、頬骨、あごのラインを決めて描きます。


 眉毛を描きます。


 鼻の形を整えます。鼻筋を入れ、鼻の下のけしきを描きます。


 しわと、ひげを入れます。
みのもんたさんは、無精ひげなどありませんが、イメージでひげを入れます。


 髪の毛を描きます。


 身体を描いたら出来上がりです。

    下絵完成!!

*この鉛筆画の下絵の良し悪しで、出来上がりが決まります。
納得のいくまで、描き換えることも大事です。

とっぷぺーじへ戻る   似顔絵教室へ戻る   STEP 2へ進む   



All rights reserved, Copyright (c) 似顔絵 たわらやたけし