似顔絵画家俵屋猛(たわらやたけし) 似顔絵教室 似顔絵画家俵屋猛(たわらやたけし) ぎゃらりー お問い合わせ トップページへ
ABOUT THE AUTHOR

たわらや たけし

みのもんた
にがおえ教室 1


にがおえ教室 2

にがおえ教室 3

優香
にがおえ教室 1

にがおえ教室 2

にがおえ教室 3

髭男爵
にがおえ教室 1

にがおえ教室 2

にがおえ教室 3


ぎゃらりー


お問い合わせ

とっぷぺーじ

公式サイト

BBS(掲示板)

似 顔 絵 教 室(髭男爵編)



似顔絵画家 俵屋猛 たわらやたけし(Takeshi Tawaraya)

ルネッサーンスでおなじみ 髭男爵 STEP 1

 髭男爵 さん STEP 2-1 <鉛筆で下描き>


 まずは、髭男爵の写真を良く見ます。
向かって左にひぐち君、右側に山田ルイ53世がいます。
 画用紙のバランスを考えて、顔の輪郭を描きます。
 ひぐちくんは、細面、山田ルイ53世はホームベース型ですね。
こんな感じに描きました。


 次に、山田ルイ53世の帽子を描きます。

 山田ルイ53世といえば、髭の次にこの帽子が特徴です。


 続いて、ひぐち君の髪。
 ひぐち君の特徴は、この外に巻いたカールでしょうか。


 ワイングラスを描きましょう!


 髭男爵といえば、やっぱりワイングラスですね。
 このワイングラスを掲げて「ルネッサ〜ンス」このギャグだけで、頑張っています。
 それから、貴族を意識した衣装。


 大体こんな感じで、イメージはつかめたでしょうか。


 衣装の、タイや、リボンを描きます。


 だんだんできてきました。


 貴族風の衣装をこまごました所をおおざっぱに描きます。


 最大の特徴である、山田ルイ53世の髭。
 これは、見たままに、あごひげが、もみ上げまで、つながり・・・・・


 眉毛はへの字で、こんな感じ。


 鼻を描きます。横に広がった鼻ですね。



 口も描きます。


 口ひげも足して描きます。


 どうですか?雰囲気はつかめたでしょう。


 口の中まで、手を抜かずに描きます。


 たれ目を入れたら、山田ルイ53世になりましたね。


 鼻をだんごっ鼻に描き変えて見ました。このほうが、らしく見える。
 それから、目の周りを染めると、まさしく、山田ルイ53世です。


 次に、ひぐち君を描き始めますよ。


 ひぐち君は額が狭いのが特徴。眉毛を上に短く描きます。


 めがねと、鼻も描いていきます。


 ひぐち君の目と口。こんなものでいかがでしょうか?


 ひぐち君のめがねと、山田ルイ53世の指輪など、手を加えて、鉛筆での下描きの完成です。
 下書きは、約5分くらいで、描きあげます。
 でも、デッサンが一番大切です。
 気に入らなければ、もう一度書き直すことが、上手く描ける一番の早道です。
 

とっぷぺーじへ戻る   似顔絵教室へ戻る   STEP 2へ進む


All rights reserved, Copyright (c) 似顔絵 たわらやたけし