|
山口県ライフプラス総合情報カテゴリー 山口県の生活をより美しく生きる為に 自分らしく生きるために学ぶ 山口県ライフプラス的Slow Lif のすすめ 山口県生活プラス リンク情報 山口県ライフプラス トップページへ

山口県の農を考える 総合

  食生活を通じて農業を考えページです。 農業は、将来の食生活に大きくかかわってきます。本当に大切なこともう一度見直すことを提言していきます。今急激な国際化等、時代の変化は早く私たちの考え方の大きく変化してきています。変化は必要です、しかし変化してはいけないことも多くあります。特に農に関して変化は保持していかなくてならないことの多くあります。 真剣に、この問題を考えていきたいと思います。
山口県ライフプラス トップページへ
農 記事カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<< Mar 2017 >>
月別農記事
農サブカテゴリー
JAS有機農家 田辺真三さんが、有機農業を語る
世界を駆け巡ってきた野菜の伝播の歴史
有機農業辞典
山口県伝統野菜・果樹
農カテゴリーリンク
LIFE+記事検索
株式会社やおいち
株式会社やおいち
イチゴ栽培 設備 クラウンヒーター
イチゴ栽培 設備 クラウンヒーター
伝統野菜に抗発癌作用
 野菜は1997年に世界がん研究基金WCRFで予防15ケ条がまとめられています。
その中で、野菜を摂取することは、がん予防に大きく寄与しているとあります、野菜は本来、栄養素のほかヒトの健康を維持する成分を豊富にふくんでいておれを積極的に摂取することが、がんをある程度予防が可能ということです。

 野菜の風味が無くなっていたことは、上記の効果を薄めているそうです。
これは現代の風味趣向にあわせ、品種が改良された結果で、流通・販売を、これに合わせて一般普及野菜を作っていきました、その結果ホウレンソウ中のビタミンCの含有量は1970年の1/7に減少しているそうです。

 日本には、各地で伝統野菜と呼ばれ比較的狭い地域で栽培され、人為的な改良をうけていない野菜維持されてきました、これらの野菜は香りや味が濃厚でこれらを試験した結果、一般普及野菜とは、抗変異原性能に大きな違いがあったそうです。
 また、DNAの損傷にも効果があり、復旧も推進作用があったそうです。

このようなことから、日本各地の伝統野菜や有機農法や伝統農法にも注目が集まっていることは健康面においてもいい方向に向かってきているそうです。
 
日本環境変異原学会第15回公開シンポジウム『食べ物によるがん予防戦略を考える-生活環境中の植物成分の抗変異・抗発がん作用のメカニズム』で発表された内容を引用しています。

日本環境変異原学会

京都の伝統野菜の生物的抗変異原性
中村考志,松尾友明,岡本繁久,友兼 泉,森 俊雄,佐藤健司,大槻耕三



| 伝統野菜 | 09:56 PM | comments (x) | trackback (x) |
BACK NUMBER
About Usお問合せプライバシーについて免責事項著作権とリンク|

山口県ライフプラスHOME