山口ライフプラス総合情報カテゴリー 山口県の生活をより美しく生きる為に 自分らしく生きるために学ぶ 山口県ライフプラス的Slow Lif のすすめ 山口生活プラス リンク情報 山口ライフプラス トップページへ

有機農業用語辞典

山口ライフプラス トップページへ

農辞典掲載カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<< Dec 2017 >>
 内 容 
月別LIFE+記事
有機農業辞典サブカテゴリー
LIFE+記事検索
山口県の出汁(だし)
農産物の流通の現状


生産者-農協−経済連-全農−中央卸売市場−中卸業者-小売店-消費者
という流通経路をたどり、生産者の顔が見えなくなっているのです。
 「先取り」-スーパーなど量販は、前の晩 セリにかけられる前に荷を引き取ることをいいます。
 「予約相対取引」-創業祭や大売出しは数ヶ月前から準備され数量もわかっているから市場を通して契約することをいいます。
 大田市場の約70%が「先取り」・「予約相対取引」なのです。
 セリそのものが形骸化し機能しなくなっているのです。
 つまり、青果市場そのものが存在を問われているのが現状です。

生産地安・消費地高の傾向とは?
 生産地安・消費地高の傾向がますます強まっています。つまり流通経費に食われて生産者の受け取り分は年々少なくなってきているのです。

平成8年11月の
生鮮野菜等の小売価格構成比(平成8年)(単位:%)
_____________________________________________________________
    生産者  集出荷 卸売  仲卸   小売
    受取価格  経費 手数料  マージン マージン 小売価格
______________________________________________________________
レタス____30.7_____15.8____4.3______6.6_____42.6______100.0
だいこん__25.2_____14.4____3.7_____19.7_____37.0______100.0
きゅうり__47.8______7.6____5.25____10.7_____28.7______100.0
トマト____37.7_____11.3____4.6______9.7_____36.7______100.0
みかん____42.1_____12.2____4.1______10.2____31.4______100.0
りんご____46.9_____13.2____4.5______6.4_____29.0______100.0
________________________________________________________________

資料:農林水産省「青果物流通段階別価格形成追跡調査報告」を基に推計。
注: 1.生産者受取価格は、生産者が行った選別、包装等の費用を含む。
   2.集出荷経費は、集出荷団体が集出荷に要した経費である。
   3.本調査は一定時点における事例的調査であり、必ずしも調査品目の全国的な流通
     実態を表すものではない。

野菜の姿をした流通経費とサービス料なのだ。これでは生産者は苦しくなっています。


地元産志向の高まり!
消費者の地元志向の高まりがあります。
 生産者の直売所は、新鮮な農産物が手に入り消費者に人気が高くなっています。生産者の受け取り額は高く、消費者の支払う額はより少なく取引されているのです。すぐ近くのスーパーも安売りの八百屋もあるのにわざわざ消費者は足を運ぶ、現在の生産流通システムが地元消費者のニーズにこたえていないことの証明ではないでしょうか。



| 有機農業辞典 | 12:25 PM | comments (x) | trackback (x) |

山口県の生活をより楽しむ・・・趣味のページです。カテゴリーはご要望により追加してまいります。
上記 カテゴリーの管理人も募集します。各カテゴリーの方針・考えをLife+で表現していただきます。
詳細はこちらまで


About Usお問合せプライバシーについて免責事項著作権とリンク|

HOME