山口ライフプラス総合情報カテゴリー 山口県の生活をより美しく生きる為に 自分らしく生きるために学ぶ 山口県ライフプラス的Slow Lif のすすめ 山口生活プラス リンク情報 山口県ライフプラスとは? 山口県ライフプラス トップページへ

山陽道を行く


旧山陽道の情報を発信していきます、国道2号線を車で走る時ちょっとしたプラス情報にもなると思います

山陽道を行く情報記事カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< Sep 2017 >>
月別山陽道を行く情報記事
Life+が提案する・・・家族で楽しめるおでかけ情報です。
楽しみ方を歴史的側面・風景・「くらし」などあらゆる視点で見直したトータルな観光・おでかけ情報です。
旧山陽道カテゴリー
山陽道を行く情報リンク
山陽道を行く情報記事検索

山陽道を行く 防府市

 周防の国衙(国府)があった防府市は、史跡も多く見る場所にはこまりません、しかし残念なことに山陽道の面影をのこす街並みはほとんど残っていませんでした。
 『萩往還』と『山陽道』の合流地点でもあります。


防府を考える場合に中心となってくるのは、防府天満宮だと思います。
菅原道真公が、延喜元年(901年)九州大宰府に移された時に立ち寄ったとされています。


防府天満宮門前の『萩往還』の碑



歴史の道 萩往還 立市・らかん橋

立市は、天満宮の鳥居前町として最も古くから発達した宮市発祥の地であります。
 参勤交代の制により、萩と三田尻を結ぶ街道が整えられた江戸時代には三田尻の御船倉、御茶屋へ向かう『萩往還』の道筋にあたり、人の通りが絶えることがないほど、商いなども多く、周防第一の通りとしてたいへんにぎやかな町でした。
立市の北角(旧山陽道と交差する一の鳥居前)には高札場や天下御物送り番所がおかれていました。

150mばかり南に下がったこのあたりは、『らんかん橋』ともよばれ迫戸川(せばと)を渡る橋が昔の面影を伝えています。
防府市教育委員会の説明文


らんかん橋の説明文より
手すりの石柱は古い『らんかんばし』の欄干の一部を使用された実物です。


宮市本陣兄部家(みやいちほんじんこうべけ)
宮市は、防府天満宮の門前町として古くから商業の栄えた町です。
江戸時代、街道に面した宮市は宿駅となり、藩公認の宿舎施設として『本陣』が設けられました。

 兄部家は鎌倉時代から住む旧家で元応元年(1319年)に周防国の合物商の支配権を握り、豪商の地位を築きました。

寛永19年(1642年)に与左衛門直季は自力で旅館をつくり宮市本陣に命じられ、その後、明治維新まで本陣を務めます。
現在の建物は寛政6年(1789年)に出火により消失した後に建てられたそうです。



街並み、道路の拡張工事の為にほとんど残っていませんが、当時を思わせる建物も若干のこっています。










佐波川の渡しにかかっている現在の橋です。
| 防府市 | 02:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
BACK NUMBER

山口県の生活をより楽しむ・・・生活全般のページです。カテゴリーはご要望により追加してまいります。

上記 カテゴリーの管理人も募集します。各カテゴリーの方針・考えをLife+で表現していただきます。

詳細はこちらまで

About Usお問合せプライバシーについて免責事項著作権とリンク|

HOME