山口ライフプラス総合情報カテゴリー 山口県の生活をより美しく生きる為に 自分らしく生きるために学ぶ 山口県ライフプラス的Slow Lif のすすめ 山口生活プラス リンク情報 山口県ライフプラスとは? 山口県ライフプラス トップページへ

山口県登山物語 ハイク&ハイク


山口県の山登り起稿 ちょっと、みんなで山登り・・・こんな情報を起稿してまいります。
山からの風景は、ちょこまかした生活を天空から見下ろすようで、自分を見つめ直すことにもなるかもしれません! みんなでハイク&ハイク




山口県登山物語記事カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<< Mar 2017 >>
月別山口県登山物語情報記事
Life+が提案する・・・家族で楽しめるおでかけ情報です。
楽しみ方を歴史的側面・風景・「くらし」などあらゆる視点で見直したトータルな観光・おでかけ情報です。
山口県山岳物語 山口県の山登り起稿 ちょっと、みんなで山登り・・・こんな情報を起稿してまいります。 山からの風景は、ちょこまかした生活を天空から見下ろすようで、自分を見つめ直すことにもなるかもしれません! みんなでハイク&ハイク
山口県 自転車で風を切る 山口県を縦断、自転車でぶらーり一人旅、自転車の視線で、県内あちらこちらを、旅していきます。エコでSlowな山口県の旅を提案してまいります。
旧山陽道を行く 旧山陽道の情報を発信していきます、国道2号線を車で走る時ちょっとしたプラス情報にもなると思います.
山口県登山物語カテゴリー
山口県登山物語情報リンク
山口県登山物語情報記事検索

2007 蕎麦ヶ岳山開き
平成19年3月21日(水)春分の日

今日は、蕎麦ヶ岳の山開きです。
年が明けて、初めての山歩き。今年は、暖冬だったので、早く山歩きをしたかったけれども、この日を初登山にすると決めていたので、ようやくの山歩きです。

神事、かずらカットをしてから、山登り開始!!


やはり、早春とはいえ、まだまだ新芽は出ている様子も無く、枯れ木の山です。




 


隊長の指示に従い、みんな隊列を乱すことなく進みます。




途中休憩!!若手二人は、初心者で、山の道具も無いにもかかわらず、どんどん先に登っていくので、ついていくのが精一杯。やっぱり若さには、お手上げです。




登頂!!蕎麦ヶ岳は、556.9mです。山口市が臨めますが、曇っているので、あまり景色はよくありませんでした。たくさんの人が次から次へと登ってくるので、ながいは無用

 

下では、記念のお餅が配られています。
また、あたたかい蕎麦汁と、おにぎりが用意されていました。



みんなでおいしく頂きます。


徐々に人も増え、催し物の宴もたけなわ。



阿東夢たいこ

毎年行われているようですが、地元のかたがたのご尽力なくしては、行うことができない行事の一つだと感じました。

<< お ま け >>


元気の有り余ったつわものどもが、近くに滝があるから見に行こうということになった。

犬鳴の滝 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 犬鳴の由来は、昔、座頭が隣村の篠目に行くために愛犬を連れてこの渓谷に入り、足を取られて滝壺に落ち込んで亡くなった。
それを見た犬は嘆き悲しんで、三日三晩なき通したのち、滝壺へ身を投げて主人の後を追ったという伝説から来ている。
 その座頭の墓といわれるものが法雲院の裏にあり、墓碑に「文政十丁亥(1827)11月8日、越翁大後行者、越後住、吉兵衛」と彫られている。
 この滝の他に、夫婦滝、曲水の滝があり、景勝地として、瞑の淵(くらがりのふち)、四望頂、競秀峰、竜宮淵などがある。
また、竜が住んでいたという潜竜洞は、昔からこの洞窟に入って鶏の声を聞くと目が見えなくなるという言い伝えがある。

 また、漂白の俳人種田山頭火の有名な句に「分け入れば水音」という句がありますが、この句は昭和8年7月28日にこの地を行乞、一泊したときのものだそうです。
                            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  


曲水の滝



犬鳴の滝から、上に上がるには、結構険しい岩を登らなければなりません。
今でこそ、階段を作り、手すりや、鎖をつけて安全対策がなされていますが、昔はさぞかし大変だったろうと思います。滝壺に落ちるのも、わかる気がします。
雨や、霧のあるときは、奥まで踏み込まないほうがいいでしょうね。


<< おまけのおまけ >>

せっかく、仁保の奥まで来たのだからと、カラクリ人形を見に行くことにしました。
このカラクリ人形は、水車で、動くように仕掛けが作ってあります。

カラクリ人形は、昔話を題材に作ってあります。
浦島太郎・桃太郎・かぐや姫・花さか爺さんなど、道路わきには、おまわりさんのカラクリ人形も、交通安全を見守っています。
| 山口県登山物語 ハイク&ハイク | 10:24 PM | comments (x) | trackback (x) |
BACK NUMBER

山口県の生活をより楽しむ・・・生活全般のページです。カテゴリーはご要望により追加してまいります。

上記 カテゴリーの管理人も募集します。各カテゴリーの方針・考えをLife+で表現していただきます。

詳細はこちらまで

About Usお問合せプライバシーについて免責事項著作権とリンク|

HOME