山口ライフプラス総合情報カテゴリー 山口県の生活をより美しく生きる為に 自分らしく生きるために学ぶ 山口県ライフプラス的Slow Lif のすすめ 山口生活プラス リンク情報 山口県ライフプラスとは? 山口県ライフプラス トップページへ

山口県登山物語


山口県の山登り起稿 ちょっと、みんなで山登り・・・こんな情報を起稿してまいります。
山からの風景は、ちょこまかした生活を天空から見下ろすようで、自分を見つめ直すことにもなるかもしれません! みんなでハイク&ハイク




山口県登山物語記事カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<< Dec 2006 >>
月別山口県登山物語記事
Life+が提案する・・・家族で楽しめるおでかけ情報です。
楽しみ方を歴史的側面・風景・「くらし」などあらゆる視点で見直したトータルな観光・おでかけ情報です。
山口県山岳物語 山口県の山登り起稿 ちょっと、みんなで山登り・・・こんな情報を起稿してまいります。 山からの風景は、ちょこまかした生活を天空から見下ろすようで、自分を見つめ直すことにもなるかもしれません! みんなでハイク&ハイク
山口県 自転車で風を切る 山口県を縦断、自転車でぶらーり一人旅、自転車の視線で、県内あちらこちらを、旅していきます。エコでSlowな山口県の旅を提案してまいります。
旧山陽道を行く 旧山陽道の情報を発信していきます、国道2号線を車で走る時ちょっとしたプラス情報にもなると思います.
山口県登山物語カテゴリー
山口県登山物語リンク
山口県登山物語記事検索
右田岳 〜防府市〜
平成18年12月19日
右田岳に登った。こんな年の瀬にと思われるかもしれないが、天候が良くみんなの都合が合えば、レッツゴー!!なのです。



右田ヶ岳(426m)は山口県防府市と山口市の境、1級河川の佐波川沿いの山陽新幹線、山陽自動車道、国道2号線が並行して走る右田地区に岩肌をあらわに露出し、まるで水墨画に出てくるような山です。




登山コースは、登山口のある天徳寺の境内を通り抜け、奥から木々の間の山道を登っていきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

万年山天徳寺は、建久3年(1192)源頼朝が創設したと山門内の公孫樹(いちょう)と白檀(びゃくだん)はその当時記念に植えられたと言い伝えられている。
 往昔、寺号を総受寺と称したが寛永2年(1625)毛利元倶(もととも)が右田を受領してから、この寺を再建して菩提寺として父元政の法名天徳性真にちなんで天徳寺と改めた。
以来右田邑主(ゆうしゅ)毛利氏の菩提寺として栄えたが、明治3年脱隊騒動にあい寺は悲運な兵火にかかって寺院、旧物を消失し、貴重な寺伝を失った。
 境内東の丘上に、毛利氏歴代の廟所(ひょうしょ)がありその上段には、初代元政の廟、下段には二代元倶より現代に至る歴代諸士がまつられてある。
 裏山石船山は、自然青松の上に奇巌がそびえて風光絶佳。中ほどに、周防国第25番の札所観音堂があり、これより山上に至る自然石に33体の観音像が彫刻され、頂上には心経巌がある。

                                 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



少し登ると、真下に右田小学校が、見えます。

 境内から木々の中の登山口を進み、しばらくすると視界が開ける。そうすると目の前に各摩崖仏や奇岩などが見えてくる。







右田岳は、大きな岩がたくさん集まったような山です。山まで登ったような、土や、木立などありません。もし今、大地震が来たらどうなるんだろうと考えると、怖くなります。

続き▽
| 山口県登山物語 ハイク&ハイク | 07:23 PM | comments (x) | trackback (x) |
陶ヶ岳
山口市鋳銭司にある、陶ヶ岳に登りました。

入り口に、『松永周甫薬草園跡と、依存植物』があります。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

江戸時代に末に医家松永周甫が開いた、薬草園です。
松永周甫は、文化13年(1816)萩に生まれ、天保11年(1840)のとき山口の名田島に医業を開いた。医業のかたわら本草学(植物学)にも造詣が深く、たびたび諸国に遊学し各地で、薬草や珍樹を採集して、嘉永5年(1852)からこの地を開いて薬草園をつくり多年薬草園を経営した。当時の記録を見ると、586種類の植物が植えられていた。松永周甫は慶応2年(1866)一代藩医となり、本草生育方頭取に命じられた。また、シーボルトとも交遊があった。さらに、周甫は薬草園の経営だけでなく山林砂防荒地開発などにより土地改良、農事改善にも貢献した。

                            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この、、『松永周甫薬草園跡と、依存植物』を左手にみながら、山へと入っていきます。
しばらく進むと、岩山が見え始めました。こんなところを登るのかと、聞いたら、この陶ヶ岳では、ロッククライミングの鍛錬に、使われているということでした。




木々に囲まれた、山道をどんどん登っていくと、陶ヶ岳最大の難所にやってきました。
ロープが張ってありますが、ロープや、周りの木々を信用しすぎては危ないと説明を受けながら登りました。



ロッククライミングをしたことの無い私は、ロッククライミングをしているような気分です。岩や、土から飛び出している、根っこ?!にしがみつきながら、どんどん登っていきます。私ってすごくない?!

続き▽
| - | 05:32 PM | comments (x) | trackback (x) |
BACK NUMBER

山口県の生活をより楽しむ・・・生活全般のページです。カテゴリーはご要望により追加してまいります。

上記 カテゴリーの管理人も募集します。各カテゴリーの方針・考えをLife+で表現していただきます。

詳細はこちらまで

About Usお問合せプライバシーについて免責事項著作権とリンク|

HOME